ごはんめも

みんなのある日のごはんなど食べ物にまつわるあれこれ

受け継ぎたいおふくろの味 蒜山(ひるぜん)おこわ

こんにちは。

いそです。

 

今日は、お題「思い出の味」についてです。

 

思い出の味と言えば、やはりおふくろの味ということになるでしょうか。

 

わたしの場合、おふくろの味と言えば、肉じゃがでもなくカレーライスでもなく、郷土料理の蒜山(ひるぜん)おこわです。

 

子どもの頃の記憶では、カレーライスさえ安定した味で作れない母でしたが、得意料理はちゃんとあって、そのひとつが蒜山おこわでした。これはいつでも間違いなく美味しいのです。

 

3年半ぶりくらいに母の蒜山おこわを食べました。

 

f:id:iso92:20171230144036j:image

 

懐かしい味、変わらぬ味。お祭りのときや節目節目に食べてきた思い出の味です。

 

せっかくなので、母が郷土料理の本で学んだという蒜山おこわの作り方を紹介したいと思います。

 

 

材料(4人分)

もち米               5合

鶏肉                   80g

人参                   80g

さやいんげん     40g

皮付き栗            300g

油                       大1

A

ゴボウ                80g

ふき                    80g

干し椎茸             15g

油揚げ                 1枚

B

水                         100g

みりん                  小1

砂糖                      大1

しょうゆ               大1と1/3

塩                          小1

 

 

予め準備しておくこと

栗は皮、渋皮をとり1日天日にあてる。
もち米は洗い、一昼夜水に浸しておく。
干し椎茸は水で戻しておく。

 

手順

①鶏肉は小さく切る。ゴボウは小さくささがき、ふきは小さく切る。

 

②干し椎茸、油揚げは1.5㎝のせんぎり、人参は小さめのいちょう切り、さやいんげんは塩ゆでして斜めに切る。

 

③鍋に油を熱し鶏肉を炒め、Aを加えて炒める。Bを加えてさっと煮てざるに上げ 、煮汁と具に分ける。

 

④予めもち米をざるに上げ水気をきっておいたものに、③の具と人参、栗をを交ぜ蒸し器で蒸す。上の方まで蒸気があがってから30分蒸し、③の煮汁を打ち水の代わりに打ち15分程度蒸す。

 

⑤器に盛りさやいんげんを散らす。

 

 

具材はなんでもいいんです

うちの母は、普段は下の写真の味付け山菜を使っているそうです。豪華に栗を入れるのもいいですが、ちくわやインゲンを入れたり、その時あるもので作ることが多いとのこと。確かに栗が入ってることは滅多にないです(笑)。ちなみに今回は入ってました(笑)。

 

f:id:iso92:20171221044319j:image

 

ニンジンを入れると彩りが良くなるのですが、わたしと妹がニンジン嫌いなので入れずに作ってくれます。

 

手間のかかる料理ですが、良ければぜひ作ってみてください。

 

f:id:iso92:20171230144158j:image